車検(自動車継続検査)料金 価格改定のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、昨今、自動ブレーキ機能をはじめとする先進運転支援システムが搭載された先進安全自動車(ASV)の普及が進んでおります。ASVにはカメラやレーダーといった電子制御装置が取り付けられており、それらが正しく作動するように校正・調整といった新しい整備(電子制御装置整備、エーミング)作業が必要となりました。

このことから国土交通省は法改正を行い、電子制御装置の目に見えない故障に対応するための新しい車検「OBD車検」を2024年10月から開始予定です。

OBD車検を円滑に運用するための費用として、すべての国産車・輸入車を対象に、2021年10月1日(金)より車検時に法定手数料として「技術情報管理手数料」が新たに追加され、【1台あたり一律400円】の印紙代のかたちでお支払いが必要となります。

このような背景の中、弊社は今後もお客様の安心・安全なカーライフをサポートできる体制を実現するために、新しい整備(電子制御装置整備)も行える整備事業者として専門知識も学び、高性能な最新設備の導入や作業環境を整え、いち早く国土交通省九州運輸局より「特定整備」認証を取得いたしました。

つきましては、新しい整備作業が必要な車両(電子制御装置整備対象車両)に限らず、国産車・輸入車すべての車両における点検項目が増えるため、作業時間、設備・作業環境維持、人件費などを鑑みまして、2021年10月1日(金)より下記のとおり車検料金の価格改定を実施させていただくこととなりました。

【車検料金(※税込)】

国産車 車検基本料金
(旧料金)14,300円
→(新料金)16,500円

輸入車 車検基本料金
(旧料金)25,300円
→(新料金) 27,500円

車検印紙代
(旧料金 軽自動車)1,100円
→(新料金)1,500円

(旧料金 普通車・輸入車)1,200円
→(新料金)16,00円

なお、車検費用は、新・車検料金、重量税、自賠責保険料、検査登録印紙代、技術情報管理手数料が含まれ、軽自動車、車両クラス(小型、中型、大型)で価格が異なります。詳しくは 「車検・点検ページ」にある車検料金表をご確認ください。

何卒ご理解の上、ご協力を頂きたくお願い申し上げます。

敬具

〒812-0857 福岡市博多区西月隈4丁目6-7

朝日自動車株式会社 代表取締役 藤野 利浩

2021年10月より少しずつ車検が変わります!

FM福岡で毎週木曜日11:55-12:00で好評放送中の「TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車」の放送第9回(2021年8月26日放送)を、下記ブログにアップしました。

▼TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車
第9回(8/26放送)2021年10月より少しずつ車検が変わります!

8月のテーマは「車検」です。
その最終回を締め括るのは、今年(2021年)10月から少しずつ変わっていく新しい車検制度についてです。

すでにご存知の方もおられますが、昨年(2020年)4月より、車検の制度がかわり従来の分解整備に加え、自動ブレーキやセンサーなどの電子制御装置整備も加えた「自動車特定整備」の制度が始まっております。
もちろん、朝日自動車はその制度の認証を受けている整備工場です。

そして今年の10月からテスト展開が始まるのが「OBD車検」です。
そのあたりを語っております。
特に今年(2021年)の10月以降、国産車(新車)をご購入になられる方は、ご注意ください。

番組の内容は下記で聞くことができます(再生ボタンを押してください)

クルマの定期点検なぜ必要?

FM福岡で毎週木曜日11:55-12:00で好評放送中の「TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車」の放送第8回(2021年8月19日放送)を、下記ブログにアップしました。

▼TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車
第8回(8/19放送)クルマの定期点検なぜ必要?

8月のテーマは「車検」です。
クルマには車検とは別に定期点検(法定点検)が法律で決まっています。
しかし、それはなぜ、なんのために必要なのか。
「車検だけで問題ないでしょ?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

その本当の理由を語っております。

今日のポイントは
「法定点検は車検の時にかかる費用を抑える可能性がある」
と言えるのではないかと。

番組の内容は下記で聞くことができます。

来週の放送をお楽しみに

車検に引っかかりやすい原因やパーツ

FM福岡で毎週木曜日11:55-12:00で好評放送中の「TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車」の放送第7回(2021年8月12日放送)を、下記ブログにアップしました。

▼TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車
第7回(8/12放送)車検に引っかかりやすい原因やパーツ

車検にひっかかりやすい盲点なところは普段乗っていて気付きにくいところです。
そしてだからこその定期点検の重要性を語っております。

番組の内容は下記の再生ボタンを押してください。

来週の放送をお楽しみに

意外に知らない車検のアレコレ

FM福岡で毎週木曜日11:55-12:00で好評放送中の「TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車」の放送第6回(2021年8月5日放送)を、下記ブログにアップしました。

▼TOGGYのRising Car Life Supported by 朝日自動車
第6回(8/5放送)意外に知らない車検のアレコレ

7月のテーマは「新車購入」でしたが、8月からは「車検」をテーマにお送りしております。
今回は車検の方法について朝日自動車のような整備工場や店で行った場合と、ユーザー車検で行った場合のメリット・デメリットを取り上げております。

番組の内容は下記の「朝日自動車 新車館」のページのラジオコーナーで聞くことができます。

朝日自動車新車館ミニバンページ
朝日自動車新車館コンパクトカーページ

来週の放送をお楽しみに。

お車の点検はお済みですか?

寒い日が多くなってまいりましたが、皆様のお車はもう冬の準備されましたか?

年末が近くなり、クリスマスや年末年始のお休み等、遠出をされる方もおられると思います。
寒くなったり遠出をされる場合の準備として、車の様々な部分の点検が必要になってまいります。
バッテリーの点検、エンジンオイルの交換、タイヤの空気圧、スタッドレスの等交換など……

バッテリーに関しては、冬場は特に気温が低くなるため、エンジンオイルが硬くなり、エンジン始動時の抵抗が増えてエンジンが回りにくくなります。
その回りにくくなったエンジンをかけるために、より多くの電力が必要です。
また、寒くて暖房を長時間使いがちなので、バッテリーの負荷が大きくなってしまいます。

そしてタイヤは寒くなると、空気圧が特に下がります。
空気圧が下がると、パンクやバーストなどの危険性が増しますし、燃費も悪くなります。

エンジンオイルの最も大きな役割は、エンジン内部の部品を潤滑させるはたらきです。
その他、エンジン内部をきれいにしたり、エンジンを冷却したり、サビを防ぐなど、多くの役割を持っています。

エンジンオイルの交換も怠ると燃費が悪くなったり、エンジンの音、振動が大きくなり、エンジンが壊れる要素になります。
エンジンが壊れないように、定期的に新しいエンジンオイルに交換する必要があります。
エンジンオイルの温度が高すぎても低すぎてもオイルの劣化が早くなるので、夏の暑い時期や冬の寒い時期のオイルには気をつけてくださいね(=´▽`=)

朝日自動車ではトラブルを未然に防ぐため、各種点検を常時行っておりますので是非、この機会に朝日自動車までご来店くださいませ♪

お気軽にご相談等お待ちしております!

ハイブリッド車もできます

メカニック小渕です。
ハイブリッド車もかなり増えてきて、何年か先はハイブリッド車が普通の自動車になるんでしょ?
水素カーも走り出して、今までのメカニックは電気屋さんになるしか先はありません。
新年早々ハイブリッド車の修理が入りました!


車種はトヨタのアクアです。
前廻り修理のフレーム交換です。
   
フレームを換えるにはエンジンが邪魔するのでエンジンを降ろしてくれ! と鈑金屋さんから指示がきました。
前廻りをごっそり外しちゃうんで作業は早いものです!


高電圧が流れているんで毎回ちょっとビビリながら作業します。
15分も経てば普通の車と同じになります。
最近の車はよくできています。 作業が楽なんです!
昔の車は配線まみれで、配線を外すだけで時間がかかります。
後は、ゴロリと降ろすだけ!!


慣れてしまえばなんてことはないのでしょうが

 

慣れるまでが大変なんです!
日々勉強!勉強です! 
っと、私の仕事はここまでです。 あとは鈑金屋さんへ……
無事フレーム交換も終わり、エンジンをのっけて元気に退院していきました。

ハイブリッド車の勉強もいいですが、普通のエンジン車もかなり進歩しております。
脳みそがねじ切れそうですが、勉強していきますよー!!

くたびれたバッテリー

こんにちは原口です!
みなさんご存知でしたか?
車のエアコンってつけると快適ですが、燃費が悪くなるように、バッテリーにも負担がかかってます!
夏にエアコンを使って「くたびれたバッテリー」
まだ交換して2年以内なら大丈夫ですが


2年以上使っているようであれば要注意です。
最近エンジンのかかりが悪いと感じた事はありませんか?
それ、もしかしたらバッテリーが原因かもしれもしれませんよ
しかし、バッテリーあがっても大丈夫!
朝日自動車は保険会社と提携してロードサービスも行っていますので 、うちの社員がすぐにかけつけます。
そうなる前に点検交換をおすすめします!

エンジン添加剤

メカニック こぶちです。
今日は、うちの工場でメインで使っている添加剤あれこれを紹介したいと思います。

まずは、これ!!


オイルシステムクリーナー!
フラッシング剤です。
暖めたエンジンに入れて10~15分かけているだけで、かなりの汚れを落とします。
1年に一度はおすすめしたいです。
フラッシングした後は、オイルエレメントも必ず交換してくださいね!
この添加剤は比較的に走行が少ないお車におすすめです。
次に、


エンジンストップリーク!
エンジンオイル漏れを抑える添加剤です。 オイル交換をしてもらって入れるだけ!!
エンジンに付いているゴムシールは熱でカチカチに硬化してオイルが漏れてくるのです。
その、硬くなったゴムシールを柔らかくしてやって、オイル漏れを止める作用があります。

お次は、スープリーム・プラス
こちらは、エンジン保護の添加剤です。 オイル交換をして入れるだけ!
エンジンオイルだけでは金属は磨耗します。
金属と金属を擦りつけるテストをしました。
エンジンオイルだけではかなりの傷がつきます。 しかしスープリーム・プラスを数滴垂らしてやると、傷は1/10ほどに!
これはすごい!

スープリーム・プラスを使用した車のエンジンオイルを全部抜いて走行テストをしたそうです。
な・な・なんと・・・  オイルを抜いて5000km走行できたそうです!
金属表面に被膜を作り、1週間たっても流れ落ちないので、たまにしか乗らない方にも安心です。
入れる価値ありです! さらにオイルの酸化防止もしてくれます。 5000km走っても汚れないので注意が必要です。

次は冷却水関係です。
ラジエターストップリークです。
ラジエターその他、水漏れを止めちゃいます!
こちらは即効で効いちゃいます。 
空き缶の底に無数の穴をあけます。 (シャワーヘッド並みに)
その缶に水を入れます。勢いよく垂れ流しますよね? 水が缶半分ほど減った辺りでラジエターストップリークをチョロっと入れます。
2~3秒後……
ピタッとね!
すばらしい!
漏れてる方にも! 予防したい方にもおすすめします。

これが代表的なやつらです。 その他いろいろ種類があるので、また紹介したいと思います!!

ストリームエンジンより異臭

初めまして! 整備士の有馬です。

今回は、先日入庫いたしましたRN6のストリームについての整備事例です。
お客様より「エンジンの方から変な臭いがする」ということでご入庫いたしました。
早速点検に入りますとなにやら少し甘い臭いがエンジンルームから・・・
車のエンジンはとても高温になるため、エンジンを冷やすために冷却水というものが循環しております。


真ん中の黒いパーツの中に冷却水が入っていてある程度温まるとこの黒いパーツにも圧力がかかります。
さきほど「甘い臭い」と言いましたがこの冷却水というものが漏れて高温になっている部分に触れて蒸発する際にこのような臭いがでます。(冷却水の状態によってはただ臭いときもあります)
今回は真ん中の黒いパーツ「ラジエーター」という部分から点検を始めました。
故意的に圧力をかけていくと・・・


指を当てている所から勢いよく冷却水が出てきました!(ちなみに画像は修理後のラジエーターになります)


これがラジエーターです。
今回はそこまで酷く冷却水が漏れていなかったのでラジエーターのアッパータンクというところと、アッパーホースとロアホースというゴム部品の交換をし、再度組み付けて点検。

(画像は取り外し後の画像です)
ラジエーターを組み付けて、点検しましたら、故意的にかけた圧力は下がることなくしっかりと保持され、正常な状態に戻りました!

今回はラジエーターだけで作業は完了ですがまた圧力が下がってしまったりするときがたまにあったりします。
この「冷却水」の漏れというのは一度の点検では全ての漏れの箇所が分かるわけではありません。
圧力をかけたときに圧力が抜けやすいところから漏れてしまいますので、今回のようにひとつ修理をしたらもう一度点検。
また漏れが見つかればその箇所を修理してまた点検。
という地道な作業を繰り返していかないといけない可能性のある大変な箇所でもあります。

時間も費用も思った以上にかかる場合もございます。
その都度ご相談させていただいて作業等は致します!

今回のお車はオーナー様がお車の異常に気付くのが早く、尚且つすぐにご入庫いただいたのでお車のダメージも少なく、修理金額も最低限で済みました。
皆様もお車で「気になる事」や「なんか変かな?」ということがあればいつでもご連絡ください!
誠心誠意対応させていただきます!

ドアロックが開閉しないキズの修理もお任せあれ

ドアロックが開閉しない

梅雨明けしたというのに、ここのところずっと雨ばかりで車好きの私としては車が汚れている期間が長く早く綺麗にしたい!と待ち望んでいます(笑)。

さて、今日ご紹介する故障事例の紹介は、ダイハツのミラジーノ(軽自動車)でキーレスで運転席横のドアのカギが開閉出来ないという故障で、運転席ドアのカギ穴からカギを回しても動かない状態でした。

まず、助手席のドアを開けてドアの中にドアロックを制御する部品(ドアロックアクチュエータ)という部品がついています。

この車の部品は各ドアに付いていた為、このアクチュエータ手前まで電気がきているかの点検をしたところ、ドアロック側とアンロック側も電気はきていた為、今度はみなさんもご家庭で使われている家電製品とおなじで、少したたいて刺激をあたえて作動するか試してみます。

すると、微妙になんとか動こうとはするものの元気がなく、後日交換することになりました。
部品代は約1万円です。部品のサイズはタバコのケースくらいですが、車の構成部品はたくさん付いていてそれぞれみんないろんな役わりを必要としている部品です。
どんなトラブルでも解決できるようにがんばりますので、よろしくお願い致します。

ブレーキが固着

こんにちは、メカニックの原口です。
最近修理したお車の報告をさせていただきます!

症状は,減速中になにか引っかかるような感じがするのと、変な音がするとのことでした。
試運転してみるとブレーキがおかしい!

テスターで測ってみると、前のブレーキが片方だけブレーキを離しても、ブレーキがかかった状態になってる。
ブレーキの引きずりです。

タイヤを外して分解してみると、キャリパーの中のピストンが固着していました。


キャリパーを分解して、




綺麗に清掃して、新しいゴム製のシールに組みかえると



出来上がりです!

この左側の写真の円い部分が、油圧でブレーキパッドを押してブレーキをかけるため、この円い部分のピストンが固着して、動きが悪くなるとブレーキが効かなくなったり、逆にずっと効いたままになります。

こんな症状もテスターを使かえば、分解せずにわかります。
お車の事で、いつもとは違うと思ったらすぐ点検をおすすめします!

この時期欲しいもの

今日は、フロント原田です。
毎年私、梅雨がくるとレインブーツを買おうか悩みます。
~買わない理由~
1. 家の少ない収納スペースをかなりの期間占領してしまう。
2. 脱ぎづらいため、よそのお家におじゃました時 大変。
3. 車で通勤してるため、雨のなか長時間歩くことがない。
うーん。今年も考えてるうちに夏が来てしまいそうです。
レインブーツは、考えるとして。。。
雨対策!車での移動が多い私はワイパーを交換してみました。
今キャンペーン中の撥水ワイパー!!

油膜を落としたフロントガラスに5分間ワイパーを回すだけで雨をはじいてくれるという優れもの!
朝日自動車では、普通車¥1,760(税込)軽自動車¥1,650(税抜)工賃込み
コストパフォーマンス高いと思います!!
雨の日の目の疲れが軽減しますよ。

安心・安全・快適なカーライフの提供

朝日自動車は車検・整備・鈑金塗装・新車中古車販売・自動車保険・24時間ロードサービス等、クルマに関するサービス全てを取り扱う福岡最大規模の自動車グループです。お客様の安心・安全・快適カーライフをトータルでサポートさせていただきます。